芥川賞

受賞の苦役列車が気になります。
芥川賞受賞のインタビューでも作者はユーモアあふれる返しをしていましたね。
こういった人は小説家っぽくて好きです。

どこか浮世離れをしている人の方が面白い物語を作り出せる気がする。
おそらく小説の中の世界に作者自信が没頭できるからでしょう。
作られた物語とはいってもリアリティの精巧さが小説の面白さにつながりますから。

こういった意味でも次回作や過去の作品も見返してみたいところです。
しかし最近本屋に行く回数が減りましたね。。
仕事が忙しいのはもちろんなんですが、なぜか読書欲が薄まっている。

年に何回かこういう時期はあるんですけど今回は少し長い。
今野敏あたりが新作だしてくれないかな?