文学と出版社

面白い小説と面白くない小説がある。
個人の好みによってこれは変化しますが。
作家さんによって書く小説のレベルは違うと思います。

その作家さんを発掘するのは出版社。
編集者が募集されてくる作品から原石を探し出すわけです。
世に出る作品っていうのはホントわずかだと思うんですよ。

でも面白くない作品もあるというのは事実。
ただ自分の感覚が傲慢なだけかもしれませんが。
それならば読まなければいいって話ですよね。

ファンがいるから本屋さんに並ぶわけだし。
今日は支離滅裂で申し訳ない。
ここんところあまり小説をよめてないもので。