これだけは読んでおけっていう本

紛いなりにも友人の間では読書家と認識されている自分。


よくタイトルのような質問をうけることがあります。
そういった時には、まぁ自分の好きな作家さん、貴志祐介さんの本などを紹介するのですが。

こういった質問の答えは難しいですよね。
普段本を読まない人だったら、自分が紹介した小説が面白くなかったら本を読むことを辞めてしまうと思う。
逆に最初に読んだ小説が面白かったら本の世界にどっぷりはまれると思うから。

あまり普段小説とかを読まない人に本を紹介するのは、こういった意味で大変なんですよねぇ。
本来は純文学の大御所、太宰治とか芥川龍之介、夏目漱石、三島由紀夫さんなどを紹介するのが王道なのかもしれませんが。
昔の文体だけあって、スラスラ読める感じではないんですよね。国語の教科書とかにのっている作品も多いし。

これだと小難しい感じがして、娯楽として読書を楽しむことが出来ない。
だから自分は貴志祐介さんなどの良質なエンターテイメントを読書初心者の人には紹介することにしています。

クリムゾンの迷宮とかはちょっとラノベ風味だけど、まずつまんないって言う人はいないので人に紹介する本としてオススメの一冊ですね!