偉大なる漫画家水木しげるさん

訃報で驚きました。水木さんといえば戦後から活躍している偉大な漫画家。
あの独特なタッチは見たこと無い人いないんではないでしょうか。
私も子供の頃は鬼太郎に夢中になった時期があります。

私の時代は主にアニメでしたけどね、3期とかそこらの。
妖怪という存在を初めて認知したのも鬼太郎がきっかけでしょう。
今でこそ妖怪をテーマやモチーフにした漫画や作品はたくさんあります。

これらの礎となったのが水木しげるさんの作品なのは間違いないでしょう。
彼は資料を非常に重要視していて、ちょっと気になる資料があったらその持ち主のところまで全国駆け巡ったそう。
まだコピー機やFAX等も普及していない時代だったので、資料集めは大変だったようですね。

私が好きなキャラは目玉の親父。
あのキャラクターがいるから鬼太郎の世界はなごむ。
目玉の親父の誕生秘話なんかの話もちょっとおもしろいですしね。

もう一度鬼太郎を読み返してみたいな。でもコミック全集とか売っているんだろうか。
今は訃報のニュースで売り切れ続出だろうから、少し落ち着いてから入手したいと思う。